第9回情報ネットワーク講演会 「環境情報ネットワークの構築と情報の共有化」

 PRTR制度が示すように、行政、事業者、国民、NGO等のすべての者が
環境リスク に関する正確な情報を共有し、相互に意思疎通を図るリスクコミュ
ニケーションの重要性 が認識されてきています。また、識者等を中心に化学
物質に関する研究会やNGOも組織 され、活発な活動が行われています。  

 本講演会では、化学物質を中心に環境情報のネットワーク化への取り組みに
ついて、行 政、研究者、NGOなど異なる立場から講師をお招きし、市民を
含む情報の共有化を今後 どのようにすすめ、リスクコミュニケーションの
仕組みを構築していくかについて考える 機会にしたいと思います。
多数のご参加をお待ちしております。


■日時   2004年1月23日(金)13:20〜16:40
■場所  兵庫県民会館10階  JR元町駅から北へ徒歩約7分
     (神戸市中央区下山手通4-16-3 Tel 078-321-2131)
     (アクセス)http://www.hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

■プログラム    講演風景写真
  (司会)兵庫県立健康環境科学研究センター 中野 武
13:20〜13:25 開会の辞 中室支部長
13:25〜14:00 PRTR情報の公開と利用について 要旨, PPT
 
菊井 順一((財)ひょうご環境創造協会)
PDF, MP3
14:00〜14:35 市民参加による有害化学物質管理 要旨, PPT
 
中地 重晴(環境監視研究所)
PDF, MP3
14:35〜14:50 休憩  
14:50〜15:25

環境情報の外部への情報提供と内部での情報共有の現在
−環境マップシステムと環境管理システムの事例−

要旨, PPT
 
桝元 慶子(大阪市立環境科学研究所)
PDF, MP3
15:25〜16:00 インターネットとGIS、みんなで使えるGISの要件 要旨, PPT
 
大西 行雄((株)環境総合研究所)
PDF, MP3
16:00〜16:35 環境問題とリスクコミュニケーション 要旨, PPT
 
関澤 純(徳島大学総合科学部)
PDF, MP3
16:35〜16:40

閉会の辞

貫上幹事長

■定員  90名
■参加費 (資料集代を含む)    会員 2,000円 非会員 3,000円
当日会場にて参加費をお支払いください。 資料集は当日お渡しします。
■申込方法 講演会に参加をご希望の方は、
@参加者氏名 A会員(日本水環境学会・日本大気環境学会・ひょうご環境創造協会)
又は非会員の別B連絡先(所属団体名、住所及び電話・FAX番号・E-mailアドレス)
をご記入の上、下記宛先までE-mailまたはFAXにてお送り下さい。
※当日受付も申し受けます。
■共催  (財)ひょうご環境創造協会
■後援  大気環境学会近畿支部反応測定部会
     (社)日本水環境学会MS技術研究委員会
■お申し込み (財)ひょうご環境創造協会
 担当:藤井俊樹 TEL:078-735-2737/FAX:078-736-4550
E-mail:fujii@heaa-salon.or.jp