日本水環境学会MS技術研究委員会主催

10e-シンポ「環境及び食品の分析技術の現状」開催のご案内

 

日時:12月11日(土)13:30〜17:00(13:00開場)

場所:大阪府環境農林水産総合研究所

    本部・環境科学センター(旧環境情報センター)

    大阪市東成区中道1丁目3-62

(アクセス:JR環状線・地下鉄中央線・鶴見緑地線「森ノ宮」から300メートル)

http://www.epcc.pref.osaka.jp/reaf/access/kankyo_kagaku/


講演風景

 

<プログラム>

13:30-14:15 GC/TOFMSを用いた環境、廃棄物試料中の有害化学物質の分析に関する基礎的検討

大山浩司(大阪府環境農林水産総合研究所)

14:15-15:00 食品農薬の分析法と検出事例について(仮題)

宮本伊織(大阪市立環境科学研究所)準備中

15:00-16:30  Dioxin 2010概要報告

鈴木元治(兵庫県環境研究センター)

松村千里(兵庫県環境研究センター)

東條俊樹・山本敦史(大阪市立環境科学研究所)

16:30-17:00  総合討論 

17:30-      懇親会(会費4千円)