水環境学会第3回シンポジウム平成12年9月13日(水)〜14日(木)、摂南大学寝屋川キャンパス

水環境学会MS技術委員会のシンポジウムは

日時 9月14日(木) 13:30-17:00
場所 摂南大学寝屋川キャンパス 12号館 B会場 1232教室

              (座長:劒持堅志(岡山環保セ))
13:30-13:40   環境微量分析の役割
    ○ 福島 実(大阪市環科研)
13:40-14:00   HS/SPME法を用いた土壌中フタル酸エステルの分析法とその課題
    ○米田稔,森澤眞輔,三井昌文,島田明彦(京大工)
14:00-14:20 カラムスイッチングとコールドトラップを利用した大量注入による
超高感度GC-MS測定
    ○松村徹・増崎優子・江崎達哉(新日気)PDF
    ○松村徹・増崎優子・江崎達哉(新日気)PPT
14:20-14:40 :非イオン界面活性剤及び生物分解生成物のLC/MSによる迅速一斉定量
    ○伊藤安紀、水越昭博、高橋桃恵、守田康彦、浅見真理、相澤貴子(国公衛院)

                       (座長:米田(京大工))
14:40-15:00 下水試料中の女性ホルモン測定法の課題−LC/MS/MSとELISAの比較から−
○高橋明宏、小森行也、矢古宇靖子、岡安祐司、斉藤正義、東谷忠、田中宏明(土木研) PDF
○高橋明宏、小森行也、矢古宇靖子、岡安祐司、斉藤正義、東谷忠、田中宏明(土木研) PPT
15:00-15:20 水中17β-エストラジオール分析におけるELISA法及びGC/MS法の比較検討
 ○森川良雄 飯田邦裕 松本茂之(中外テクノス)

                       (座長:松村徹(新日気))
15:20-15:40   都市域の環境媒体におけるダイオキシン類組成とその変動要因
      ○先山孝則、仲谷 正、角谷直哉、神浦俊一(大阪市環科研)
15:40-16:00 GC/MSによる水環境中の揮発性有機化合物類の定量 ―検出下限値の検討−
○田辺顕子,川田邦明,高橋保雄*,藤塚哲朗**,森田昌敏***
(新潟県保環研,東京都衛研*,環境庁水質保全局**,国環研***)

       (座長:奥村為男(大阪府公害セ)・中野 武(兵庫公害研))
16:00-16:50  ポスター発表
GC/MS/MSを用いたダイオキシン類簡易分析への試み
○大川 真、藤井 大将1)、北口 正文2)、先山 孝則3)、福島 実3)
(バリアン、1)クロマトサイエンス、2)タツタ環境、3)大阪市環科研)

四重極型及びイオントラップ型LC/MSを使用した環境ホルモン分析の課題
○滝埜昌彦 清水尚人 代島茂樹 大河原正光(横河アナリティカル)
HRGC/HRMSを用いた環境水中のエストラジオール類分析の課題
○角谷直哉、山本耕司、神浦俊一、福島実(大阪市環科研)
環境試料中テトラブロモビスフェノールAの分析
○茨木 剛,家合浩明,田辺顕子,川田邦明(新潟県保環研)
環境ホルモン分析における各種クリーンアップ手法の効果とブランク値について
○劒持堅志、吉岡 敏行、鷹野 洋、西島 倫子、山本 弘捷(岡山環保セ)
LC/MS/MSを用いた環境試料中の農薬分析
○吉仲希世子(サーモクエスト)山本匡利、中野 武(兵庫公害研)PDF
○吉仲希世子(サーモクエスト)山本匡利、中野 武(兵庫公害研)PPT
蛍光偏光度法を用いた環境水試料中のエストロゲン・レセプター結合物質測定の課題
○近藤昭宏、榎由樹、辻本政善、高嶋良吉、水谷滋利、加藤郁之進(宝酒造)
16:50-17:00   総括・討論

その他のシンポジウムの時間枠(2000-MS.PDF) 
Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、http://www.adobe.co.jp/で
ダウンロードできます。