発表風景


特別講演 13:30〜14:30
座長 劒持 堅志(岡山県・環保セ)

13:30 〜 13:55 環境研究 35年  中野武(兵庫県・環研セ)
13:55 〜 14:20 環境問題の変遷と環境分析  福嶋実(大阪市・環科研)

口頭発表 14:20〜16:05
座長 上掘美知子(大阪府・環農水研)
14:20 〜 14:35 LC/Q-ToFMS/MSによる底質中化学物質のスクリーニング法 鈴木茂(中部大院)、上掘美知子(大阪府・環農水研)、浦山豊弘(岡山県・循環型社会推進課)劒持堅志(岡山県・環保セ)、田原るり子(北海道・環研セ)、長谷川敦子(神奈川県・環科セ)、長谷川瞳(名古屋市・環科研)、花田喜文(北九州市・建設局)、三澤隆弘(川崎市・環境局)、吉田光方子(兵庫県・環研セ)、吉田寧子(住化分析セ)
14:35 〜 14:50 湖沼流入河川の医薬品負荷量と湖沼内の医薬品濃度の関係 小森行也、鈴木穣(土木研)
14:50 〜 15:05 産業系排水由来による河川の有機フッ素化合物汚染 佐々木和明、菊池彰、齋藤憲光(岩手県・環保研セ)

ポスター発表(ハイブリッド形式)/口頭 15:05〜16:11,
ポスター 16:15〜16:55
座長 八木 正博(神戸市・環保研)
15:05 〜 15:08 大阪府域における有機フッ素化合物の環境実態調査 上堀美知子、清水武憲、園井一行、大山浩司(大阪府・環農水研)
15:08 〜 15:11 寝屋川水系における有機フッ素化合物の挙動について 谷口省吾、尾崎博明(大阪産大)
15:11 〜 15:14 琵琶湖および流入河川におけるPFOS・PFOAの実態把握調査 井上亜紀子、居川俊弘、田中勝美、津田泰三(滋賀県・琵琶湖環科研セ)
15:14 〜 15:17 神戸沿岸海域における有機フッ素化合物濃度及び組成の経年変化 八木正博、山路章、渋谷一郎(神戸市・環保研)
15:17 〜 15:20 下水処理工程中の有機フッ素化合物の挙動 吉田光方子、竹峰秀祐、松村千里、中野武(兵庫県・環研セ)
15:20 〜 15:23 廃棄物試料中の有機フッ素化合物の分析法の検討 竹峰秀祐、吉田光方子、松村千里、中野武(兵庫県・環研セ)
15:23 〜 15:26 UPLC/MS/MSを用いたリテンションギャップ法によるPFSs分析とPFOS異性体分離 津田葉子、佐藤信武、米久保淳(日本ウォーターズ)
15:26 〜 15:29 水圏中における水酸化PCBsの挙動 難波智史、志岐勇馬、松田宗明、河野公栄、森田昌敏(愛媛大)
15:29 〜 15:32 水酸化PCBの生成について 福沢志保、森田健志、島瀬正博、國武明伸(日鉄環境エンジニア)、先山孝則(大阪市・環科研)、奥村為男(元大阪府・環境情報セ)
15:32 〜 1:35 新潟市秋葉区に自墳する油中の炭化水素類の特徴と河川底質への影響 猪狩友梨、田村崇晃、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
15:35 〜 15:38 高リスク医薬品の人体暴露に関する研究 原田祥行、鈴木茂(中部大院)

座長 竹峰秀祐(兵庫県・環研セ)
15:38 〜 15:41 岡山県内河川における農薬類の環境実態調査 吉岡敏行、劒持堅志、藤原博一、中桐基晴、前田大輔、鷹野洋、藤田和男(岡山県・環保セ)
15:41 〜 15:44 水田における除草剤ブロモブチドの濃度変動と挙動 諸橋将雪、長沢俊輔、塩谷奈美、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
15:44 〜 15:47 水中農薬一斉分析における固相前処理法の簡略化の検討 高玲華、小野壮登、赤谷健次、石井一行、井口えい子、今中努志、高柳学、西村泰樹、小野末広、小川茂、根生辰男(ジーエルサイエンス)
15:47 〜 15:50 GC/MSを用いた水質基準項目の確認法の検討 笠松隆志、大川真(バリアン)
15:50 〜 15:53 水環境分析のFastGCによる高速化 馬場紀幸、今中努志、西村泰樹、井口えい子、小野末広、赤谷健次、誉田佳孝、小川茂、根生辰男(ジーエルサイエンス)
15:53 〜 15:56 LC/MSを用いた水環境中におけるネオニコチノイド系農薬の分析方法存在実態 直井啓、鎌田素之(関東学院大院)
15:56 〜 15:59 河川水中のジクワット、パラコート分析における固相前処理手法の検討陳杏玲、井口えい子、今中努志、高柳学、西村泰樹、石井一行、小野壮登、小川茂(ジーエルサイエンス)
15:59 〜 16:02 LC/MSによる野菜の残留農薬分析およびバイオアクセシビリティー分析林義貴、辻真奈美、鈴木茂(中部大院)
16:02 〜 16:05 Timed-SRM機能を用いた水道農薬の多成分一斉分析法 濱坂友子、橋本和明、齊藤香織、山岸陽子(サーモフィッシャー)
16:05 〜 16:08 UPLC/MS/MSを用いたハロ酢酸分析法開発 佐藤信武、津田葉子、江崎達哉(日本ウォーターズ)
16:08 〜 16:11 生活用品から摂取されるパラベン類の蓄積と排泄に関する研究 武田年喜、鈴木茂(中部大院)

総括・討論 16:55〜17:00









PowerPoint

特別講演 13:30〜14:30
座長 劒持 堅志(岡山県・環保セ)

13:30 〜 13:55 環境研究 35年  中野武(兵庫県・環研セ)
13:55 〜 14:20 環境問題の変遷と環境分析  福嶋実(大阪市・環科研)

口頭発表 14:20〜16:05
座長 上掘美知子(大阪府・環農水研)
14:20 〜 14:35 LC/Q-ToFMS/MSによる底質中化学物質のスクリーニング法 鈴木茂(中部大院)、上掘美知子(大阪府・環農水研)、浦山豊弘(岡山県・循環型社会推進課)劒持堅志(岡山県・環保セ)、田原るり子(北海道・環研セ)、長谷川敦子(神奈川県・環科セ)、長谷川瞳(名古屋市・環科研)、花田喜文(北九州市・建設局)、三澤隆弘(川崎市・環境局)、吉田光方子(兵庫県・環研セ)、吉田寧子(住化分析セ)
14:35 〜 14:50 湖沼流入河川の医薬品負荷量と湖沼内の医薬品濃度の関係 小森行也、鈴木穣(土木研)
14:50 〜 15:05 産業系排水由来による河川の有機フッ素化合物汚染 佐々木和明、菊池彰、齋藤憲光(岩手県・環保研セ)

ポスター発表(ハイブリッド形式)/口頭 15:05〜16:11,
ポスター 16:15〜16:55
座長 八木 正博(神戸市・環保研)
15:05 〜 15:08 大阪府域における有機フッ素化合物の環境実態調査 上堀美知子、清水武憲、園井一行、大山浩司(大阪府・環農水研)
15:08 〜 15:11 寝屋川水系における有機フッ素化合物の挙動について 谷口省吾、尾崎博明(大阪産大)
15:11 〜 15:14 琵琶湖および流入河川におけるPFOS・PFOAの実態把握調査 井上亜紀子、居川俊弘、田中勝美、津田泰三(滋賀県・琵琶湖環科研セ)
15:14 〜 15:17 神戸沿岸海域における有機フッ素化合物濃度及び組成の経年変化 八木正博、山路章、渋谷一郎(神戸市・環保研)
15:17 〜 15:20 下水処理工程中の有機フッ素化合物の挙動 吉田光方子、竹峰秀祐、松村千里、中野武(兵庫県・環研セ)
15:20 〜 15:23 廃棄物試料中の有機フッ素化合物の分析法の検討 竹峰秀祐、吉田光方子、松村千里、中野武(兵庫県・環研セ)
15:23 〜 15:26 UPLC/MS/MSを用いたリテンションギャップ法によるPFSs分析とPFOS異性体分離 津田葉子、佐藤信武、米久保淳(日本ウォーターズ)
15:26 〜 15:29 水圏中における水酸化PCBsの挙動 難波智史、志岐勇馬、松田宗明、河野公栄、森田昌敏(愛媛大)
15:29 〜 15:32 水酸化PCBの生成について 福沢志保、森田健志、島瀬正博、國武明伸(日鉄環境エンジニア)、先山孝則(大阪市・環科研)、奥村為男(元大阪府・環境情報セ)
15:32 〜 1:35 新潟市秋葉区に自墳する油中の炭化水素類の特徴と河川底質への影響 猪狩友梨、田村崇晃、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
15:35 〜 15:38 高リスク医薬品の人体暴露に関する研究 原田祥行、鈴木茂(中部大院)

座長 竹峰秀祐(兵庫県・環研セ)
15:38 〜 15:41 岡山県内河川における農薬類の環境実態調査 吉岡敏行、劒持堅志、藤原博一、中桐基晴、前田大輔、鷹野洋、藤田和男(岡山県・環保セ)
15:41 〜 15:44 水田における除草剤ブロモブチドの濃度変動と挙動 諸橋将雪、長沢俊輔、塩谷奈美、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
15:44 〜 15:47 水中農薬一斉分析における固相前処理法の簡略化の検討 高玲華、小野壮登、赤谷健次、石井一行、井口えい子、今中努志、高柳学、西村泰樹、小野末広、小川茂、根生辰男(ジーエルサイエンス)
15:47 〜 15:50 GC/MSを用いた水質基準項目の確認法の検討 笠松隆志、大川真(バリアン)
15:50 〜 15:53 水環境分析のFastGCによる高速化 馬場紀幸、今中努志、西村泰樹、井口えい子、小野末広、赤谷健次、誉田佳孝、小川茂、根生辰男(ジーエルサイエンス)
15:53 〜 15:56 LC/MSを用いた水環境中におけるネオニコチノイド系農薬の分析方法存在実態 直井啓、鎌田素之(関東学院大院)
15:56 〜 15:59 河川水中のジクワット、パラコート分析における固相前処理手法の検討陳杏玲、井口えい子、今中努志、高柳学、西村泰樹、石井一行、小野壮登、小川茂(ジーエルサイエンス)
15:59 〜 16:02 LC/MSによる野菜の残留農薬分析およびバイオアクセシビリティー分析林義貴、辻真奈美、鈴木茂(中部大院)
16:02 〜 16:05 Timed-SRM機能を用いた水道農薬の多成分一斉分析法 濱坂友子、橋本和明、齊藤香織、山岸陽子(サーモフィッシャー)
16:05 〜 16:08 UPLC/MS/MSを用いたハロ酢酸分析法開発 佐藤信武、津田葉子、江崎達哉(日本ウォーターズ)
16:08 〜 16:11 生活用品から摂取されるパラベン類の蓄積と排泄に関する研究 武田年喜、鈴木茂(中部大院)







ポスター

15:29 〜 15:32 水酸化PCBの生成について 福沢志保、森田健志、島瀬正博、國武明伸(日鉄環境エンジニア)、先山孝則(大阪市・環科研)、奥村為男(元大阪府・環境情報セ)
15:32 〜 1:35 新潟市秋葉区に自墳する油中の炭化水素類の特徴と河川底質への影響 猪狩友梨、田村崇晃、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
15:38 〜 15:41 岡山県内河川における農薬類の環境実態調査 吉岡敏行、劒持堅志、藤原博一、中桐基晴、前田大輔、鷹野洋、藤田和男(岡山県・環保セ)
15:41 〜 15:44 水田における除草剤ブロモブチドの濃度変動と挙動 諸橋将雪、長沢俊輔、塩谷奈美、鈴木和将、川田邦明(新潟薬科大)
16:02 〜 16:05 Timed-SRM機能を用いた水道農薬の多成分一斉分析法 濱坂友子、橋本和明、齊藤香織、山岸陽子(サーモフィッシャー)