【要旨】

「簡易GISを用いた環境情報データ整理の試み」

                兵庫県立健康環境科学研究センター 鶴川正寛

 

 国や地方自治体では、環境モニタリングデータや発生源情報の把握を経年的に行っている。しかし、これらのデータは空間的、時間的に多岐にわたっており、充分に活用できるように整理されていないのが現状である。そこで、これらの資産を統合管理し、解析の一助としてGISが利用できないか、試みることとした。演者のような全くの初心者にとって、GISはわかりづらく、また、それに割ける時間もない。そこで、できるだけ労力、費用をかけずに、入門者が取り組み可能であった実例を紹介したい。